インド特集

インドの国旗

基本情報

時差
-3.5時間
現地時刻
通貨
ルピー
1ルピー 約 1.51円
アクセス
直行便で約8時間30分
パスポート
国時に滞在日数+6ヶ月以上の残存期限が必要
ビザ
必要

写真で見るインドの見どころ

エローラ石窟寺院

エローラの石窟寺院群インドの宗教芸術の至宝ともいえる34窟の石窟寺院は、3つの宗教のエリアに分かれている。第1窟から12窟が5~7世紀ごろに掘られた仏教寺院、第13窟から29窟が8~9世紀ごろのヒンドゥー教寺院、第30窟から34窟が9~10世紀以降のジャイナ教寺院である。なかでも、第16窟のカイラーサナータ寺院は、カイラーサ山のシバ神を祀った巨大な寺院で、ヒンドゥー芸術の代表作。8世紀半ばから1世紀の年月をかけて、巨大な岩の塊を上から掘り進み、寺院全体をひとつの岩から掘り出した。彫刻でおおわれた壁面の芸術性の高さも見逃せない。text by API service of AB-ROAD

世界遺産アジャンター石窟群

アグラ城ヤムナ川岸に建つ、ムガール帝国第3代皇帝アクバルによって1564年から築かれた城。現存しているのは、4、5、6代皇帝によって建てられたもの。高さ約20メートルの無骨な城壁に囲まれているが、内部にはその外観からは想像できないような華麗な宮殿やモスクが、立ち木と芝生の美しい緑の中に建ち並ぶ。ディワニー・アム(一般謁見室)は、皇帝が一般人民の訴えを聞いて裁きをつけたところ。ディワニー・カースは特別謁見の間。ジャハーン・ギーリーとカース・マハールは、装飾の美しい宮殿である。ヤムナ川越しに望むタージ・マハールも美しい。text by API service of AB-ROAD

ファテプール・シクリアグラの南西約38キロメートルにあるアクバル帝の旧都。この地に住む聖者の予言通りに男子を授かったアクバル帝が、その記念に1574年にここに遷都した。しかし、水不足と猛暑に悩まされ、わずか14年後の1588年に都をラホールに移したため、そのまま廃虚となったうたかたの都である。しかし、優雅で壮大な建物群が、傷みも少なく当時の姿のまま今も残っており、訪れる人を16世紀のインドにいざなってくれる。柱と屋根だけで構成された壁のない5階建ての建物パンチ・マハルに上がると、旧都全景と周辺の風景を見渡すことができる。text by API service of AB-ROAD

タージ・マハールムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハールの死を悼み、22年の歳月と天文学的な費用をかけて建設した霊廟。完全な左右対称形で構成されている。周囲には、ほかに建物はなく、裏手は広大なヤムナ川なので、晴れた日には青空に浮かぶ白亜の宮殿のように見える。建物の随所に見られる白大理石に施された細やかな装飾が、皇帝の妃に対する愛情の深さを物語る。皇帝自身はヤムナ川の対岸に黒大理石で廟をつくり、タージ・マハール廟との間に橋を架ける計画だったが、内紛により失脚し、結局妃と並んで葬られ、今もここに眠っている。text by API service of AB-ROAD

インドでの食事といえばターリー

ジャイプールの風の宮殿

エローラの石窟寺院群インドの宗教芸術の至宝ともいえる34窟の石窟寺院は、3つの宗教のエリアに分かれている。第1窟から12窟が5~7世紀ごろに掘られた仏教寺院、第13窟から29窟が8~9世紀ごろのヒンドゥー教寺院、第30窟から34窟が9~10世紀以降のジャイナ教寺院である。なかでも、第16窟のカイラーサナータ寺院は、カイラーサ山のシバ神を祀った巨大な寺院で、ヒンドゥー芸術の代表作。8世紀半ばから1世紀の年月をかけて、巨大な岩の塊を上から掘り進み、寺院全体をひとつの岩から掘り出した。彫刻でおおわれた壁面の芸術性の高さも見逃せない。text by API service of AB-ROAD

エレファンタ島ボンベイのインド門脇からボートで約1時間の、ボンベイ湾に浮かぶ緑の小島。ヒンドゥー教の石窟寺院があり、ボンベイの観光名所となっている。山の頂上近くにある7つの石窟は、6~8世紀に掘られたもので、ヒンドゥー彫刻の宝庫である。なかでも高さ5.7メートルのシバ神像は、創造者、守護者、破壊者の3つの顔をもち、その大きさとダイナミックさには、見る誰もが圧倒される。ほかの彫刻も、シバ神にまつわる神話から題材を得たものが多く、踊るシバ神像やシバ神の婚礼の図などが、華麗に壁面を飾っている。text by API service of AB-ROAD

  • エローラ石窟寺院
  • アジャンター石窟群
  • アグラ城
  • ファテプール・シクリ
  • タージマハル
  • ターリー
  • 風の宮殿
  • エローラ石窟寺院
  • アジャンター石窟群

地図で見るインドの見どころ

>> GoogleMap With Panoramioでインドを見る (外部サイト)

関連ページ

関連タグ

その他の国別特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote